文字サイズの変更

ホーム > アトピー性皮膚炎とは > 治療の3原則

治療の3原則

アトピー性皮膚炎治療の原則は以下の3つです。

くすりによる正しい治療

アトピー性皮膚炎による皮膚の炎症やかゆみを抑えるためには、くすりによる治療が必要になります。
治療に使われるくすりには、塗り薬(外用薬)と飲み薬(内服薬)とがありますが、重症度に応じたくすりの選び方や使い方については、お医者さんとよく相談しましょう。

スキンケア

スキンケアの基本は、洗うこととお手入れ(くすりや保湿)をすることです。アトピー性皮膚炎の患者さんは皮膚のバリア機能が低下していますが、くすりなどで炎症を抑えたあとスキンケアを続けることで、よい状態を保つことができます。
炎症を抑えるとともにスキンケアをきちんと行うことが、アトピー性皮膚炎治療の大原則です。

悪化の原因探しと対策

アトピー性皮膚炎を悪化させる原因(因子)は、患者さんによって異なります。お医者さんと相談しながら悪化因子を探し、それを最小限にとどめることで悪化を防ぎます。

  • 原因
  • 症状
  • 治療の目標
  • 治療の3原則
    • くすりによる正しい治療
    • スキンケア
    • 悪化の原因探しと対策
  • 施設検索 皮膚科専門医に相談してください!

ページの先頭へ戻る