文字サイズの変更

ホーム > アトピー性皮膚炎とは > 治療の3原則 > スキンケア

スキンケア

スキンケアの基本は、洗うこととお手入れ(くすりや保湿)をすることです。
アトピー性皮膚炎の患者さんは皮膚のバリア機能が低下していますが、くすりなどで炎症を抑えたあとスキンケアを続けることで、よい状態を保つことができます。
炎症を抑えるとともにスキンケアをきちんと行うことが、アトピー性皮膚炎治療の大原則です。

適度な清潔を保つ

皮膚の清潔を保つことは重要ですが、清潔にしようとするあまり強くこすると炎症やかゆみを悪化させてしまいます。

入浴、シャワー
  • 通常は1日1回の入浴またはシャワーを
  • 温まるとかゆみの増すことがあるので、湯船につかるときは熱くしすぎない
  • 夏場やスポーツ後に汗をかいた時は、そのまま放置しない
  • 入浴やシャワーができないときは、ぬれたタオルで汗を拭く
洗い方
  • 石鹸、ボディシャンプーは肌に合うものを選ぶ
  • 石鹸やボディシャンプーをよく泡立て、柔らかい木綿のタオルか手のひらで洗う
  • 洗顔料はよく洗い流す(髪の生え際などに残りやすいので注意)
その他
  • 入浴剤は、使用してみて刺激のないものならOK
  • 保湿剤は、入浴後に汗がひいたら早めに塗る

お手入れ

保湿剤によるお手入れをすることで、皮膚のバリア機能が低下するのを防ぎ、皮疹の再燃を予防することができます。
寛解の状態を長く保つために、お手入れを続けていきましょう。

  • 原因
  • 症状
  • 治療の目標
  • 治療の3原則
    • くすりによる正しい治療
    • スキンケア
    • 悪化の原因探しと対策
  • 施設検索 皮膚科専門医に相談してください!

ページの先頭へ戻る