文字サイズの変更

ホーム > アトピー性皮膚炎とは > 治療の目標

治療の目標

治療の目標は、寛解の状態を長く保って快適に暮らすこと

アトピー性皮膚炎の発症には、アトピー素因があったり皮膚のバリア機能が弱かったりといった、体質が大きくかかわっています。
今の医学でも、このような体質を変えることは、残念ながらできません。

だからといって「アトピー性皮膚炎は治らない。治療しても無駄」とあきらめる必要はありません。
正しいケアをすることで症状を抑え、日常生活に支障をきたすことなく過ごすことができるようになります。
医学的には、このような状態を“寛解(かんかい)”と呼びます。

アトピー性皮膚炎治療の目標は、寛解の状態を長く保って快適に暮らすことです。

症状がないか、あっても軽く、日常生活に支障がない。薬物療法もあまり必要としない。軽い症状は持続していても、急性に悪化することはまれで、悪化しても長引かない。
  • 原因
  • 症状
  • 治療の目標
  • 治療の3原則
  • 施設検索 皮膚科専門医に相談してください!

ページの先頭へ戻る